· 

魔女の一撃(ぎっくり腰)にご用心

 こんにちは、ぎっくり腰(急性腰痛)でお困りなら吉祥寺の整体院、運動系医療サニーサイドにお任せください。


 ようやく朝晩涼しくなって、過ごしやすくなりましたね。
 厳しい残暑も和らぎ、秋の気配が感じられます。
 しかし!
 季節の変わり目に増えてしまうのがドイツ語で魔女の一撃(Hexenschuss)とも言われる【ぎっくり腰】や【寝違え】など【冷えが関係した症状】です。
 くれぐれもこの時期の冷えには注意しましょう!

季節の変わり目が危ない!


季節の変わり目は寝違えやぎっくり腰に注意!
季節の変わり目は寝違えやぎっくり腰に注意!

 季節の変わり目は、いつも以上に体調管理に気を付けなければいけません。

 気温差が激しいと自律神経のバランスが乱れ「風邪をひく」「胃腸の調子が悪くなる」など体調を崩してしまいがち。

 

 そして急増するのが「寝違え」や欧米では“魔女の一撃”とも呼ばれる「ぎっくり腰(急性腰痛)」です。

 どちらも突然起こるので急になったと思いがちですが、これには「疲労の蓄積」「冷え」が関係しています。

 まだ冷えるほど寒くはないと思うかもしれませんが、夏の暑さに慣れていた体にとっては「涼しい」=「冷え」なのです。

 暑い時期は、筋肉が緩む傾向にあります。

 筋肉が緩むと体を動かしやすくなり、痛みが軽減します。
 反対に、寒さや冷えは筋肉を緊張させるので、痛みの再発や悪化を招きます。

 この冷えへの対策をすることが寝違えやぎっくり腰の予防になるのです。


腕を伸ばしただけでぎっくり腰に!?


重たいものを持ったわけではないのに・・・
重たいものを持ったわけではないのに・・・

 また、ぎっくり腰は、必ずしも重たい物を持ち上げた時になるわけではありません


 「背伸びをして,タンスの上にあるものを取ろうとした」
 「犬の散歩中に急にリードを引っ張られた」
 「手を伸ばして,テーブルの端にある醤油を取ろうとした」


 このような少しだけ無理な体勢で、腕(手)を伸ばした時にギクッとなりやすいようです。

 

 「冷え」によって筋肉が硬くなっているので、普段はなんてことのない動作でも「アイタタタッ!」となってしまうのです。

 特に、起床後すぐの時間帯は、最も体を動かしにくくなっていますので細心のご注意を。

 

 また、長時間、同じ姿勢でいなければならない方も危険大です。

 在宅勤務が続いていることで、オフィスにいる時よりも運動不足になっている方を多く見受けます。

 ジーっとしていると筋肉は硬くなってしまうので、たまには立ち上がって伸びをしたり、屈伸運動をしたりして体を動かすように心がけましょう。

 イスに座ったまま上半身を捻る運動や足踏みをするだけでも全然違いますよ。


ぎっくり腰になってしまったら・・・


ぎっくり腰になってしまったら
ぎっくり腰になってしまったら

①まずは、横になり安静に

 最も楽に感じる、痛みのない体勢を探しましょう。

 横向きに寝て、膝を曲げて丸くなると楽なはずです。

 10分ほどその姿勢でゆったりと深呼吸をします。

 

②動かせる場所を探しましょう

 「右腕は動かしても腰は痛くない」「左足は曲げ伸ばし出来る」など腰に痛みが走らない動きがあるはずです。

 痛みがなく動かせる場所がわかったら、そちらを中心にして起き上がってみましょう。

 

③冷やすのか温めるのかはケースバイケース

 痛みのある場所が熱をもっているようなら氷や保冷剤などで「そこだけ」冷やしましょう。

 冷やすことで感覚が麻痺して、一時的に痛みが鈍くなります。

 ただ「冷え」が原因の場合は、温めた方が楽になるので、患部が熱くなってるかどうかで判断します。

 

④揉んではダメ!

 痛みのある場所を揉んだり、押したりしないでください。

 寝違えの場合も揉むと余計に痛くなります。お気をつけください。

 

⑤動ける範囲でなるべく普段通りの生活を

 コルセットなどを活用して、なるべく普段通りの生活を送った方が治りは早いです。

 腰に痛みが走らないように、出来ることからやってみましょう。

 「お腹(腹筋)」に力を入れるように意識すると痛みが出にくいはずです。

 また、洗顔する際など「膝をしっかり曲げる」と前にもかがみやすくなります。

 

⑥お風呂は入っていい?

 痛みのある場所が熱をもっている場合は、長湯して温まりすぎるのは禁物です。

 それ以外の場合は、腰をかばってあちこちに力を入れているので、湯船に浸った方が全体的にスッキリすると思います。

 

 *あまりに痛みが強い、片側の足にしびれがある場合などは、医療機関や当店までお早めにご連絡ください。


ぎっくり腰・寝違えの予防には


半身浴で冷えとりがオススメ
半身浴で冷えとりがオススメ

 「ぎっくり腰」や「寝違え」の予防で大切なことは、まず「冷やさない」ことです。

 「冷え」は「疲労」や「風邪」と同様に急性の痛みを引き起こしたり、様々な症状を悪化させる大きな要因となります。
 お風呂でしっかりと温まり、冷え取りしましょう!

 38~39度くらいのぬるめのお湯での半身浴もオススメです!


 また、腰や背中・首周りだけでなく、足首や手首が冷えないようにするのがポイントです。

 足首と手首は末端にあり筋肉量も少ないため、冷えやすい部位なのです。

 靴下を履かないで過ごしたり、薄着でいたりと、いつまでも夏っぽい格好のままではダメですよ!
 寝る時の服装や寝具に関してもそろそろ寒さ対策をしましょうね。

 

 日頃から首・肩・腰がつらいと感じている方は、くれぐれも「冷え」には気をつけましょう!

 ちょっと体が硬くなってるかなぁと感じたら、お早めに体を整えにお越しくださいね!

 

→ 便利なネット予約はコチラからどうぞ!