平成29年度開催 技術研究会(講習会)

経絡・経穴の応用


2018.3.4 東京技術研究会(吉祥寺) 講師:水谷浩二

 

経絡・経穴は、臓腑の異常や疾患の病状を示すだけでなく、そのまま刺激部位となり、観察においても治療においても大変重要です。
経穴は単独で用いるよりも、八脈交会穴、絡穴、募穴、兪穴などを組み合わせて用いることで鎮痛作用が高くなります。
この経穴の組み合わせを12種体形矯正法の中で用いることで、痛みや疾患の症状に即効性のある施術が可能となるのです。


12種体形矯正法


2017.12.3 東京技術研究会(吉祥寺) 講師:水谷浩二

 


整顔整容法


2017.9.28 九州技術研究会(福岡・折尾) 講師:本多茂代先生

 

整顔整容法は、鼓舞・抑制法、反射法、運動法、叩打法などの刺激法を用いて、筋肉の状態を良くすることで頭蓋骨・胸郭(肋骨)・骨盤の歪みを正すことが大原則になります。特に、下肢の足関節の内果・外果ならびに膝関節(膝眼・膝蓋骨)は重要な調整部位になります。
また、経絡を利用した方法では、陥谷・内庭が頭の肥大、申脈が頭の捻れといった各部位の歪みに対応する経穴が数多く紹介されましたが、腎経・胆経がポイントとなります。さらにコリレーション特性では、腹部と顔(心窩部と前頭骨など)、骨盤と頭(仙骨と後頭骨など)の相関が重要な指標としてあげられました。


基本操法 〜特殊操法・整顔整容法より〜


2017.7.16 東京技術研究会(吉祥寺) 講師:水谷浩二

 

前回の『基本操法』に続いて、上肢・下肢・骨盤へのアプローチ法を紹介しました。

紹介したテクニックは、筋肉の緊張が引き起こしている姿形の異常や運動制限に対するものでしたが、関節の連動性を考慮することでより高い効果を得ることができることが確認できました。
例えば、四十肩・五十肩に見られるような肩関節の運動制限に対して、手関節・肘関節・前腕の筋などからアプローチしていく方法は臨床での利用価値が高いものだと思います。日々の臨床で様々な研究をし、次回の技術研究会では先生方と意見交換ができれば幸いです。