疲れ目ケア(眼精疲労対策)

目が硬くなる!?


 目が司る視覚は、脳に送る情報の約80%を占めると言われています。

 つまり、私達の行動は大部分を目に頼っているのです。

 

 そのため「体のケア」と同様に「目のケア」が大切なのです。

 そんな目のケアでは、硬くなった目(眼球)を柔らかくすることがポイントとなります。


 「目が硬くなる?」と思うかもしれませんが、
読書をしたり、長時間のパソコンや運転などで目を酷使すると硬くなってしまうのです。(*目が硬くなる=眼精疲労が起きている状態)

 試しにまぶたを閉じた状態で、軽く圧迫してみて下さい。(注:コンタクトはとりましょう)

 

 左右に違いがありませんか?
 腫れぼったかったり、硬くなったような感じがしませんか?

 目が硬くなると、首や肩の筋肉までもが緊張するので、肩こりや首こり、偏頭痛などになってしまう方が非常に多いです。
 さらには、白内障や緑内障といったあらゆる眼病の元にもなります。

 今回は簡単にできる「目の硬さを解消させる方法」を紹介しますので、様々な症状をスッキリさせましょう!

セルフケアで視界スッキリ♪


【お風呂で出来る目の疲れをとる方法】

 まずオススメなのがお風呂の中で行う目のケアです。
 方法はとっても簡単で、お風呂にタオルを持って入るだけ。

 Step1 湯船につかる

 Step2 お湯で濡らしたタオルを“軽く”絞る
 Step3 タオルでまぶたの上から目を覆う

 

 以上です。「これだけ?」とつっこみたくなりますよね(笑)

 目的はホットアイマスクと同じで、硬くなった目や周囲の筋肉を温めて緩ませることです。


 眉の上の方から上まぶた(目)に向かって少し押さえつけるように当てるのがコツです。
 タオルの重さによって適度な圧迫が加わるので、目はすぐに緩みます。

 さらに、まぶたを閉じたままで目を「上・下・右・左・時計回り・反時計回り」に動かすと緩むのが早いですよ〜♪

【目の圧迫法】

 続いて紹介するのは、目の圧迫法。
 人差し指・中指・薬指の三指をまぶたの上において(目は閉じた状態)、まぶたの上から軽く目に圧迫を加えます。

 

 その状態で目を上・下・左・右に動かしたり、ぐるぐる回す運動をします。

 指は押さえるというより、のっけるという程度で大丈夫です。

 決して強く押さえないように気をつけてください。(*必ずコンタクトは外してから行いましょう。)

【目の周りのマッサージ】

 歩く・走るなど体を動かすのと同じように、見るという行為でも目の周りの「筋肉」が働いています。

 ピントを合わているのは内眼筋、眼球を動かしているのが外眼筋という筋肉です。
 手や足を動かす筋肉のように大きくはありませんが、これらの筋肉が伸び縮みすることで「見る」ことができるのです。

 手や足の筋肉をマッサージすると血流が良くなり、疲労物質(老廃物)の排出が促進されるのと同様で、目の周りの筋肉にもマッサージが有効です。

 パソコンのモニターやスマホとにらめっこして眉間にシワをよせてばかりいないで、目の周りの筋肉を緩めてあげましょう。

 

 Step1 目頭から上まぶたの上側を骨(眼窩の上壁)に沿って目尻まで(右図の①)

 

 Step2 目頭から下まぶたの下側を骨(眼窩の下壁)に沿って目尻まで(右図の②)


 Step3 眉毛のラインをこめかみまで(右図の③)


 セルフケアで目が柔らかくなると、視界もスッキリ明るくなりますよ〜♪