健康への第一歩! 〜ウォーキングのコツ〜

靴の底をチェック!


 体力維持やダイエットの為にと、散歩やウォーキングをされている方はとても多いですね。
 歩くということはとてもいいことですので、ぜひ続けてほしいのですが・・・
 「ウォーキングを始めたけれど、歩くと腰や膝が痛くなる。歩き方がおかしいのかな?」という相談が多いのも事実です。

 このような方にはある共通点がみられます。

 その共通点とは・・・「靴底の減り方」

 外側がすり減っている方が非常に多いのです。

 もし、外側がすり減っていたら「外側荷重」になっている証拠です。
 この「外側荷重」が膝や腰に余計な負担をかけて痛みを誘発しているのです。

 皆様の靴底は大丈夫ですか?

 せっかく健康のために歩いているのに、痛みやケガの原因を作っているのでは元も子もないですよね。
 日常生活だけでなくスポーツをするにも歩くという動作は基本中の基本になりますから、正しい歩き方をマスターしましょう!


内側の筋肉で歩こう!


 もともと足の筋力は外側の方が強いため、そちら側を使ってしまう傾向にあります。
 内側と外側のバランスが極端に崩れると

 ・膝が捻れる
 ・O脚になる
 ・骨盤が開く

 ・腰痛になる

 というように悪いことだらけ。。。

 そこで「内側の筋肉」を意識することが大切なのです。


 方法はいたって簡単!

 足を出す向き(方向)を注意すればいいだけです!

 図のように「親指を体の真ん中に出す」ように意識してみましょう。

 進む方向に対して足(親指)を真っすぐに向けるようにすると、内側の筋肉が自然と使われて親指で地面を蹴れるようになります。
 背筋もピンとのびて,姿勢もよくなりますよー

 慣れたら歩幅も大きくして(*大股で歩くのも大事です!)、股関節を柔らかくしましょう!