お風呂でストレッチ 〜腰痛・膝痛対策〜

「腰痛」でお悩みの方にオススメのストレッチ


 一般的に腰痛に対してのストレッチは、腰や殿部など「体の後ろ側」を緩める方法が挙げられます。

 それももちろん必要なのですが腰痛予防のポイントは「体の前面(おなか側)」です!

 

 繰り返してしまう腰痛には、「ソ径部や腹部」といった体の前面のストレッチが非常に効果的です。

 なぜなら、ここには足(股関節)と腰(腰椎)をつなぐ腸腰筋という筋肉があり、この筋肉が緊張して腰痛を悪化させているケースが多いからです。

 

 腸腰筋を緩めるには、お風呂の中で温まってから、イラストのように「腹部を伸ばす=腰を反らす」ポーズをとります。

Illustrated by メルファン
Illustrated by メルファン

 「腰を反らす」といっても無理に力を入れてはいけません!
 おへそを前下方へ突き出すようにして、徐々に下腹部を伸ばしていくようにするのがポイントです。

 また、このストレッチは、腰痛の方だけでなく背中の丸まった猫背の方、膝が曲がって痛い方、足がむくむ方などにもオススメです。

お風呂で正座が「膝の痛み」に効く!


 続いては、「膝が痛くて曲がらない」「正座が出来ない」など膝の痛みにお困りの方にオススメのストレッチです。

 

 やり方はとっても簡単!

 「湯船の中で正座をする」

 たったこれだけです。

 「本当にそれだけで良くなるの?」と思うかもしれませんが、これがなかなかいいんです!
  まずは、ゆっくりと全身を温めてから試してみましょう。


 正座をすると、ガチガチになった大腿四頭筋という太もも(前面)にある筋肉などが伸ばされます。

 普段の生活では痛くて出来ない正座も、お湯の中なら痛みが少ないはずです。
 無理は禁物ですが、毎日繰り返しているうちに徐々に膝が曲がりやすくなりますよ。

【ご注意ください】

 個人によりカラダの特徴や痛みの原因は異なります。

 トレーニングやストレッチを行う際には、痛みを我慢したり、無理に行ったりすることは禁物です。ご不明な点はお気軽にご相談ください。
 ストレッチをする際の注意点についてはコチラもご覧ください。