運動系医療による調整方法(整体の流れ)


運動系医療による基本的な調整方法(整体の流れ)をご説明します。

 

なお、各個人の状態や主訴により調整内容は変わります。

 



1.痛みの原因にアプローチ!


まずは『問診』と『全身の観察』から

運動系医療(整体)では痛みのある患部だけではなく、「カラダ全体」にアプローチすることを重要視しています。
なぜなら「痛む部位」と痛みを引き起こす「原因部位」とは同じではないからです。

 

姿勢の歪みや関節の可動域(動く範囲)などを観察し、痛みを起こしている本当の原因を突き止めます。

治療の方針を定め、刺激をより的確にするために「カラダ全体の観察」は欠かせません。

 


2.治療(調整)は足から!


痛みの原因を突き止めたら「足首の刺激」から調整を始めます。

 

運動系医療では足首の調整を重要視していますが、これは姿勢の歪みの原因の多くが足首(体重のかけ方)にあるからです。
足首は身体を支える土台であり、とても重要な部位です。そのため、足首が変位すると全身に悪影響を及ぼすのです。

さらに足首は、刺激部位としても重宝される部位でコリレーション特性という作用が多くあります。

運動系医療は、この「コリレーション特性=離れた部位同士のつながり」を利用し、足首の刺激で腰痛や肩こり、頭痛などを改善させるといったことを得意としています。


3.他店と違う!本物の骨盤矯正!


近年、多くのTV番組や雑誌などで「骨盤の歪みがあらゆる不調の原因」として「骨盤矯正」が話題になっています。
ただ、残念ながら「骨盤の歪み」を正すだけでは不十分なのです。

骨盤は単独で機能しているのではなく、「肋骨」や「頭(頭蓋骨)」と連動しています。
骨盤が歪むことで肋骨が歪んだり、頭蓋骨の歪みが骨盤に影響するといった具合に密接な関係があるのです。


このため「骨盤・胸郭・頭蓋骨」の関係性を整える必要があるのです。

 

運動系医療では、下肢の運動法や筋肉のリリース(筋膜リリース)、経絡・経穴(ツボ)の刺激によって本物の「骨盤矯正」をしております。産後の骨盤矯正もご相談ください。


4.病気や歪みのサインは背中に!


私達の体は、病気やカラダの歪みなどの異常があるとそれを伝える“サイン”を出しています。

 

このサインは“反応点”と呼ばれるもので、背骨(脊柱・椎骨)の周りに圧痛や硬結として観察されます。

さらに面白いことに、カラダの歪みや病気ごとに「どこに出るか」まで決まっているのです。

 

運動系医療では、この反応点を調整しカラダの歪みを整え,痛みや症状を改善させます。
これこそが運動系医療の神髄である「カラダを治す」ということです。


5.腕や首の調整では肩甲骨がポイント!


肩甲骨の調整は、下肢(脚)における骨盤のように、上肢(腕)や頚部(首)において重要なポイントとなります。

肩甲骨や上肢の調整は、肩だけでなく胸郭(肋骨)や頚部・頭部に影響します。
そのため肩こりや首こり、偏頭痛などに有効です。

また、腋窩(脇の下)の刺激はリンパの流れを改善し、手や指先のしびれなどに効果的です。


さらに肩甲骨は、骨盤・殿部との関係が深いため、腰痛や坐骨神経痛などの調整でも大切な刺激部位となります。


6.首と頭を緩めてリラックス!


そろそろ調整も終盤です。

 

首(頚部)や頭部の柔らかい刺激はとてもリラックスできます。
その気持ちよさにスゥーッと寝てしまう方がほとんど。

PCによる眼精疲労(疲れ目)や偏頭痛、日頃のストレスもこれでスッキリ解消します!

 

最後に主訴の状態や姿勢の歪み、関節の可動域(動く範囲)などが改善したかどうかをチェック

症状の予防や改善のためのストレッチ法やトレーニング法、さらには日常生活で気をつけてほしいこと・改善すべき点などをお伝えして終了です。


コチラ↓も合わせてご覧ください。

運動系医療が選ばれる理由

数ある治療院から当店が選ばれる理由とは…

ご相談の多い症状

当店にご相談の多い症状をまとめました。

よくあるご質問(FAQ)

皆様から寄せられた質問をまとめました。